アジングのラインの種類と段違いに釣れるようになるそれぞれの使い分け方

まず、アジングには細いラインを用いる人が多いですが、これにはたくさんのメリットがあるからだと言えます。釣り糸が細ければ細いほどアタリをすぐに感知することができる、魚の警戒心が低くなる、潮の流れや風の影響を受けにくい、飛距離を伸ばしやすいなどのメリットがあるでしょう。更に、素材によっても特徴が違っておくことを知っておく必要があります。

アジングでナイロンのラインを選ぶ場合、初心者でも使いやすいというメリットがあげられるでしょう。水を吸いやすいので細いものは切れてしまうリスクがありますが、絡まりなどの初心者にありがちな問題を防ぎやすいです。このための専用のナイロン製釣り糸も販売されているので、特化した製品を選ぶことがおすすめです。

エステルラインは細くて感度が高い、強さがあることが大きな魅力です。非常にアジングでは多用されます。アタリを感知しやすく糸切れも起こりにくいですが、弱点は絡まりやすさなので、取り扱いに慣れていない人が使う場合は要注意だと言えます。ですが、新しくリリースされているものには絡まり防止に力を入れている製品もあるので、選ぶときには絡まりづらさを売りにしているアジングのラインを選ぶことがおすすめです。

フロロカーボンラインは、比重の高い釣り糸だと言えます。水中に沈んでいくまでがスピーディーであり、底取りや手返しをテンポよく行えるという魅力が感じられるはずです。ハリとコシ、比重の高さを特に重視している人にピッタリだと言えます。ただし、この素材では結び目がネックになるのでショックリーダーの結び換えの頻度は高くしたほうが良いでしょう。

太いものを選択してしまうと、絶対に釣れないというわけではありませんが、魚の食いつきが悪くなってしまうはずです。その日の状況によって釣れ具合は変わってくるはずですが、より満足度の高いアジングを行うためにはラインにも気を遣っておくべきだと言えます。なるべく細い糸が便利であることを知っておくことが大事です。そして、細ければ何でも良いというわけではなく、素材ごとに特徴を知った上でラインを選ぶことが重要だと言えます。特徴を知らないまま選んでしまうと、アジングで自分にとってデメリットが強いもの、向いていないものを選ぶ可能性が高いです。納得できる製品を選ぶためにも、どういった釣り糸を選択するべきなのか理解を深めておくようにしてください。