アジングのジグヘッドはアジ釣りにおいて必須のジグ単と呼ぶ最強アイテム

針とオモリをセットにしたジグヘッドはバスフィッシングでよく用いられています。しかし、近年は他のフィッシングに使われることも多くなり、アジングでの利用者も増えてきました。ワームと相性が良くてアジを釣るときに便利ですが、どれを使っても効果が高いというわけではありません。対象の種類や場所の状況によって使い分けることが望ましいです。これから始めるつもりなら、まずは適切なジグヘッドの選び方を理解しておきましょう。

とても小さな部品ですが形状は凝っており、さまざまなバリエーションが存在します。選択したものによって、アジングの釣り方も大きく変わることを踏まえておくことが重要です。言い換えると、好みの釣り方があるならそれに適したジグヘッドを選ぶ必要があります。それぞれ得意な項目が異なるので、まず適した釣り方を確認しなければなりません。

もしリフトとフォールを中心にしたスタイルならオモリは丸いタイプが向いています。これがスタンダードな形であるため、汎用的に使いやすいことが大きな特徴です。たとえはスイミングだけでなく、落とし込みを前提としたアジングにも対応でるジグヘッドです。したがって、まだ自分の釣り方を確立していない初心者にもうってつけです。フォールの際に体が安定しやすいこともメリットであり、リフトを繰り返してアジを誘惑するときも重宝します。基本的には表層で効果を出しやすいですが、中層ぐらいまでなら問題なく対応が可能です。

それに対して特定の層でのみルアーを泳がせたいなら円柱形のタイプが良いでしょう。リールを巻く際の微妙な調整を行いやすいので、水面下から一定の深さにアジが群れている場合などに便利なジグヘッドです。その水深を維持しながら、違和感のない動きでルアーを移動させられます。それゆえ、水深を保つことに苦手意識がある人もこちらでアジングの練習するのが得策です。キャストが終わったら焦らずにターゲットの深さまで沈めることが重要です。それを確認してからアジングのジグヘッドをゆっくり泳がせましょう。

もし横に滑らせるテクニックでルアーを操るアジングがしたいのなら、矢じりタイプのジグヘッドを選ぶと行いやすくなります。これは鋭角の部分が小魚の頭に見えるので、アジが追ってきやすくなる効果を期待できます。着水から水深への到達まで完了させたら、リールを軽く巻きながらロッドで打つように煽りを入れましょう。そのときに生じる引きの力と水流によって先端は左右に滑ってくれます。ただし、ずっと繰り返すのではなく、アジが食らいつく隙を作ることも忘れてはいけません。